腰痛6か条

106_original2.jpgのサムネイル画像

1.腰痛は今や国民病である。
「推定で1000万人。最近では子供たちも腰痛に」

2.筋肉が弱く、血行が悪いと腰痛になりやすい
「日ごろから運動をして筋肉をつけ、血行をよくすることで、腰痛は防げる」

3.姿勢の悪さが腰痛を引き起こす
「長時間同じ姿勢でいない、バックや荷物を持つときは左右交互に持つようにするなど、日常の姿勢に気をつける」

4.前かがみの姿勢、うつぶせ寝、ハイヒールをはくと大腿筋に負担がかかり腰痛の原因になる

5.カルシウム、たんぱく質、ビタミンB1を積極的にとるようにする
「カルシウム、たんぱく質は骨や筋肉の強化に、ビタミンB1は筋肉・神経系疲労の回復、筋肉痛の緩和に効果がある」

6.素人判断は禁物。痛みがおさまらないときはすぐに病院へ