腰痛予防ポイント③長時間同じ姿勢

104_original2.jpgのサムネイル画像

台所などで前かがみに立ちっぱなしになると腰に負担がかかります。
そこで、蛇口を手前にもってきて、腰の角度を20度以内にしましょう。
また、足元に低いを持ってきて、片足を交互にのせるのも効果的です。

朝起きると腰が痛い人は、寝ている姿勢に問題があります。
仰向けに寝て、腰のそりが強い人、背中に手を入れて隙間が大きい人は、足の下にクッションを置くといいでしょう。
こうすると腰がまっすぐになり、腰痛の原因になる腰のそりを防ぐことができます。
うつ伏せに寝る人はさらに注意が必要です。
そこで、お腹の下にクッションを置くといいでしょう。
こうすると腰の反りはなくなり楽になります。
このように寝るときの姿勢を見直すことは腰痛予防の要になります。